乳幼児のインフルエンザ感染リスク

秋ごろから少しずつ流行し始めるインフルエンザですが、これは乳幼児でも他の人と同じように感染する可能性があるので、親の方が注意をしてあげなくてはいけません。
6ヶ月未満の子供であればまだ母親の抗体が体内にある状態なので、感染しても軽度で済む場合もありますが、それを過ぎるとまだまだ小さな子供ですから体力もなく重症化しやすいです。
インフルエンザに発症すると、高熱や頭痛、関節痛や筋肉痛、倦怠感などが現れますが乳幼児でもこうした症状が出るのは変わりありません。
おっぱいやミルクなど、食事もあまり食べたくなさそうにしている事もあるでしょう。上手く言葉も喋れませんから、お母さんには泣いて伝える事になります。
しっかりと熱を測ったりするなどして必要な対処をしていきましょう。
乳幼児は自分で外に出かけて行くということはありませんから、何かの用事で人ごみの中に入ったかどうかという事も思い出してみましょう。
外出先でもしかするとインフルエンザに感染した可能性もあります。同居家族からウイルスをもらう可能性もありますので、かかったかもしれないと思ったら、小児科や行きつけの病院にまずは電話で相談してみましょう。
焦って病院に行きたくなりますが、余計に症状を悪化させる場合もあります。
対処療法になりますが、水分はしっかりと与えて部屋の湿度も50~60度を目安に保ちましょう。熱があるので衣服の調整をしたり、お風呂に関しても感染中は避けましょう。
予防接種もできるのですが、卵アレルギーがはっきりと分かっていると利用できないので注意してあげて下さい。小さな子供が元気で過ごせるように、普段から生活環境を整えて病気にならないように、なったとしてもすぐに対処できるよう親の方で気をつけてあげましょう。

乳幼児がインフルエンザに感染したら

毎年猛威をふるうインフルエンザは感染症として誰もに恐れられているものであり、重症化してしまう人や生命を落としてしまう人もしばしば見られる脅威があります。
大人がかかっても高熱や頭痛、節々の痛みなどに苦しめられることになりますが、多くの場合には安静にしていることで一週間程度で完治することができます。自分のことであれば我慢できても、インフルエンザにかかったのが乳幼児であると一大事に感じるでしょう。
乳幼児では自分で自覚症状を伝える事ができない場合も多く、症状の判断から大人がしてあげなければなりません。
インフルエンザに感染してしまったかもしれないという判断をする基本は高熱であり、顔が赤くなってつらそうな様子を見せることに敏感になっていてあげることが大切です。
そのつらさから泣き続ける乳幼児も多く、普段の不満を伝えるときの泣き方とは違うことが多いので、インフルエンザの流行期には特に基を払っておくと良いでしょう。
もしインフルエンザに感染していることが疑われたら、まずは小児科を受診して診断をしてもらうことが先決です。
そして、インフルエンザにかかってしまっていたら薬を出してもらうことに加えて、自宅ではできるだけよい環境を作り出してあげることが重要なことです。
部屋の湿度を50%から60%程度に保って喉の粘膜を守ってあげたり、熱が上がって安定したら汗をかかないように薄着にしてあげたりすることが大切です。
高熱は水分を奪うため、こまめに水分を与えてあげることで楽にさせてあげることができます。
水分を与えるのは特に重要であり、嘔吐や下痢によっても水分が奪われるため、脱水症状になってしまう乳幼児も稀に見られるからです。

乳幼児のインフルエンザ予防対策

インフルエンザにかかると高熱や寒気、頭痛や関節痛など様々な症状に悩まされることになります。
例年冬の乾燥する時期に差し掛かると流行が始まり、多くの人がインフルエンザにかかって苦しまざるをえない状況に立たされます。
大人の健康体の人であれば長くとも一週間ほどで症状がなくなって何事もなかったかのように日常生活に戻ることができますが、乳幼児の場合には重篤化して肺炎を起こしたり、脳症を起こしたりしてしまうリスクがあります。
そのため、大人よりもよりインフルエンザの予防対策を重要視していかなければなりません。
乳幼児も大人と同様にインフルエンザワクチンの予防接種を行うことができるので、予めシーズン前に予防接種を行っておくというのが信頼性の高い予防対策です。
一方、予防接種に頼らずともできる家庭での予防対策も多数あります。
乳幼児へのインフルエンザの感染経路として主要なのは親からの感染と保育施設での集団感染です。
親からの感染を防ぐためには親が十分な予防をすることが重要であり、マスクを着用したり手洗いうがいをしたりするといった基本的な予防策を怠らないことが大切になります。
また、親がインフルエンザにかかってしまった場合には、抗インフルエンザ薬の予防投与を行って対策をしておくのが安全な方法です。
一方、保育施設での感染は誰がウイルスの保持者である可能性があるかもわからないため防ぐことが困難です。
互いに感染の懸念があったら保育施設は休ませるという判断をすることが重要になります。
そういった呼びかけをしている保育施設に預けるというのが基本的な考え方であり、通わせる日にもマスクをつけさせるという配慮を行っておくと予防になります。
■抗インフルエンザ治療薬
リレンザとは
■少しでも安く薬を手に入れたい方にジェネリック
タミフルでインフルエンザを治そう